「身体について考える」というと
不思議と西洋医学的な思考で考える傾向があります。

実際は、西洋医学ができるずっと以前から
中国では人体解剖をして
現在の東洋医学(中医学)を作り上げています。

インドもエジプトも同様です。

いずれも人間の身体を
実際に研究して医学として発展しました。

同じ身体を観察しているのなら
なぜ一つの見方にこだわるのでしょうか?

1つの見方にこだわるから
良くなるものも良くならない。

治療をしているとそんなことに気付くことができます。

鍼灸の教員として
東洋医学と解剖生理学を教えてきたからこそ
両方の見方を同時にすることができるようになりました。

それでも足りないと感じて
エネルギーワークも取り入れました。

人間の身体もバランスがとっても大切なんですね。

あなたの身体はバランスが取れていますか?